店舗購入での損得

従来の購入方法で

Amazonの存在が大きく台頭したことで、ゲームソフトを制作しているメーカーはどうすれば市場を損なわずに売上を維持できるか、それがターニングポイントになる。通常の店舗で販売すれば、その分の売上に準じた利益は順当に会社へと入ってくる。ですがAmazon任せにするとどうなってしまうかも重々承知しているため、基本Amazonからの一度注文してきた数以上の物を委託しないように配慮している。もし無制限に注文できるようなことになったら、間違いなく赤字を通り越して破産が目前に迫ってくるでしょう。

またAmazonとしても在庫はなるべく捌けるようにするのが理想的、だからこそ値引きするのです。出来るだけ値引きをしていき、余剰在庫を少なくしていくために様々な宣伝を行っていくわけだ。しかし通販ばかりに商品の展開を任せていては自分たちの利益につながらないため、メーカーならではの対策もある。店舗で購入した場合、オリジナル特典とばかりに何処へ行っても買うことのできない非売品を、商品購入と引き換えに提供する市場が昨今のゲーム業界にも多く見られる。特に顕著なのがPCゲームだが、通常のコンシューマーゲームもその流れを組み込むようになってきている。

その理由には、やはりかつてほどゲームが売れなくなっている傾向もあるため、どうすれば売上を伸ばせるか検討した上で出た答えが特典だ。店舗購入にこだわる人、その最大のポイントは何を隠すわけではない、特典の存在が重要な指針になってくるのです。

  1. プロゲーマーになりたい

店舗購入の利点

限定という価値

店舗購入の最大とも言える利点は、何と言っても購入特典だ。最近ではこれに依存しすぎていると感じる部分もあるが、実際それで売上を出しているのも事実。ファンにすれば作品に関連した特典は喉から手が出るほど欲しくなるお宝商品なので、欲しい人にすれば欲しいもの。

またこの購入特典は基本『先着順』とあって、発売日当日であればよほどのことがない限りは入手できるものの、人気作品であればあるほど店舗特典の配布が終了するケースは日常茶飯事だ。また予約をすれば必ずという保障も基本ありません、予約しても必ず手に入れられるかと聞かれたらそれを是と答えられるところは基本ありません。予約すれば必ず入手できるかどうかは、事前に告知されているため、その点を考慮して即日購買するのが一番の近道となっている。購入特典の限定性は二度と手に入らないという側面が強く、それをキーとして購買意欲を高めているのです。

すぐに遊べる

当たり前ですが、発売日当日になって購入すればすぐにでも遊べます。最速で、誰よりも早くゲームの内容を知りたいと考えている人は実践しているでしょう。通販には出来ない醍醐味でしょうが、発売日前に買えるかという質問をするとそれは基本的に無理と言える。

商業作品の中には『発売協定』という取り決めが存在しており、発売日を厳守しなければならない商品は決められている発売日より以前に発売することが禁止されています。取り決めを破った店舗・企業には処罰として次回以降の入荷数削除、最悪入荷そのものが出来なくなる可能性もあるのです。直ぐといっても作品によってそれが決まっているので、発売日午前0時から販売開始、なんてイベントが行われていると押しかける人の気持ちをなんとなく想像すれば理解できるかもしれませんね。

  1. ゲーマーからレーサードライバーになった男
  2. 新生活、春になれば憧れの大学生活を京都で過ごすことになる方、4月以降に住むことになる場所の下見と物件選びはお早めに。 学生も応援しているアルティムは京都 大学近郊 物件をご案内しております。

店舗購入の欠点

値段に規律性がない

逆に店舗販売する場合の欠点について語るとするなら、やはり『値段』がネックなところ。最近発売されているゲーム作品の中にはやたらと『限定版』と名の付くパッケージソフトが流通していますが、これがまた高く設定されている。中には軽く10,000円を超えることもあれば、時に20,000円などという破格すぎる高額商品に成り上がっている事もある。これは店舗特典ではない、ゲームに同梱されている初回限定特典なるものが大きく影響している。

冷静に考えてみると、通常ゲーム単体だけを購入する場合ならどんなに高くても7,000円程度なのに、限定版にはドラマCD・設定資料集・オリジナルサウンドトラックCDなどの、市場で買うことの出来ない製品が同梱されていると考えても、それでも高過ぎなのではと不満はよく上がってくる。しかしファンにしたらそんなお金すら出すことも些末な問題で、今更議論するのも馬鹿らしいと言われてしまいます。うんっ、一旦冷静になって考えろ。

品切れ、入荷日未定

また店舗では基本的に入荷数は上限設定されており、それを超える注文はメーカー発注となる。だからこそ予約をしなければならないのですが、もしこの時予約が間に合わなければ基本、一般販売分もないと考えなくてはいけないのが辛いところ。有限とはいえ、予約だけで取り扱い分が全て無くなってしまうのだから、待っていたユーザーにしたら悲しい限りだ。

注文をすればすぐに届くかと言われたらそうもいかず、また通常版ではない限定版を所望ともなると最早絶望的だ。多数の店舗展開で在庫が余っていれば可能性は少なからずあると思うが、基本発売直後は願うだけであまり期待しないほうが良いというのが大多数の意見。通常版でいいから早く買いたいといっても、メーカーに在庫がなければある程度時間を要するので、店舗購入の先着順で泣いた人は多いだろう。