買いきりタイプのスマホゲーム

買い切りの場合

スマホゲームというと、課金するタイプのものしか想像出来ない人も多いかもしれません。ただスマホゲームの中にはコンシューマーゲームに負けないRPG作品をスマホで楽しめる『買い切りタイプ』のものが存在している。ただ課金制のものと比べるとどうしても引きが弱いため、同じスマホアプリではありますが市場そのものはそこまでニーズが高いわけではありません。ですが侮ってはいけません、買い切りとあってリリースされている作品の値段はコンシューマーゲームソフト単体を購入するよりも安く、またある作品はそのクオリティの高さから制作会社の本気を感じられる、本物すぎるゲームもあります。

また、往年の人気作品であるFFシリーズ・ドラクエシリーズがリメイク版として楽しめるというのも、スマホアプリの良いところとなっている。あの懐かしい作品をプレイしたいと思っても、コンシューマーゲーム対応のゲーム機をもう持っていない、なんて人はスマホで再度あの懐かしい作品をもう一度楽しめるという利点があります。

Amazonランキング大賞にも有料で購入できるものはありますが、ニーズと作品数が少ないため、ここで紹介する買いきりタイプのスマホゲーム人気ランキングは、昨年2014年一年間で最も人気を博した作品を紹介したいと思います。懐かしいあの作品、そのクオリティの高さは最早スマホゲーム史上最高クラスと評価の高いものもあるので、目が離せない内容となっているので、まずは紹介していこう。

  1. プロゲーマーになりたい

基本的な情報として

買い切りのスマホゲームとは、端的に言えば通常のアプリゲームで行う無料でソフトをダウンロードした後に行う『課金』を行わないタイプのものを意味している。その代わり、ソフトを利用する際にはソフト代を一定額支払わなければならないため、無課金ユーザーを貫いている人にとっては英断を下さないといけない場面もあるかもしれません。ですがそんな方々でも少しは心惹かれる作品が多数ランクインしているので、とにもかくにも昨年2014年で人気だった買い切りスマホゲームで人気だったのは何か、まずはそこを見ていこう。

さて、見てもらえれば分かるように誰もが一度は聞いたことがある、もしくはいまだにソフトを所持していてたまにプレイしている、なんて人もいるかもしれません。共通しているのは、90年代、00年代中盤までに発売されて、日本のゲーム史を代表する数々の名作がスマホで楽しめるのです。

これらの作品は一度ダウンロードの際に所定の金額を支払えば、その後はSIMカードを変更する解約手続きをしなければ端末を変更してもお金を払わなくてもダウンロードすることが出来る。但しダウンロードはできるが、セーブデータは復元されないので最初からもう一度攻略していかなければならないので、機種変更する際には悔いを残さないように配慮しよう。

スクエニの本気が垣間見える

上記に紹介したランキングの大半は現スクウェア・エニックスがライセンスを所持している名作ばかりだ。まだ合併する前のスクウェア作品もある中で、やはり注目したいのは3位にランクインした『CHAOS RINGS Ⅲ』だ。この作品は純スマホゲームアプリとして2年前にリリースされたもので、そのクオリティは過去に例を見ないスマホRPGとして高い評価を受けている。システムは従来のRPGと同様で楽しめるので、スクウェア・エニックス関連の商品が好きな人にはまずオススメできる作品だ。

Ⅲということもあって、この作品はこちらを含めて計4作発売されている。作品の系列を紹介すると、

このようになっている。筆者は縁あって全てプレイしているが、普通にコンシューマーゲームをしているのと同じくらい楽しめる作品となっている。課金ゲームはどうしても限度を持って行わないと、際限なくお金を使ってしまうリスクが存在している。その点を考えると買いきりタイプのCHAOS RINGSシリーズなどはお得に見えなくもないですが、通常のアプリゲームと比べたらどうしても人気が湧かないのも事実。

どうしてこうしたゲームよりも、と考えてみるとやはりネックになるのが『プレイするためには絶対にお金を払わなくてはいけない』という点が関わってくるようだ。

  1. ゲーマーからレーサードライバーになった男

買い切りタイプの欠点

スマホゲームの課金は、必ずやらなければ行けないわけではありません。そのため、無料でやりぬくと決めればいくらでも楽しめるのが良いところ。無論課金ユーザーと比べるとハンデは大きいが、一線も掛けずにスマホでゲームが出来るというのは最大の利点といえる。無料でアプリが利用できればいいが、CHAOS RINGSを始めとした買いきりタイプはどうしても事前にお金を払う必要がある。それでも通常のコンシューマーと比べればかなり安い部類だ。しかしCHAOS RINGS Ⅲの値段がクオリティを重視しすぎたが故にかなり高額となっている。

買いきりタイプのものでも平均すれば1,500円程度で購入可能となっていますが、CHAOS RINGS Ⅲともなるとその値段は『2,800円』と約2倍近い値段が生じてしまいます。本音を言えば筆者もこの値段を払おうかどうかと悩んだところだが、断腸の思いで購入してプレイして納得できたので無駄ではなかったと心の奥底から思えたので満足している。

スマホゲームは信念を貫き通せれば課金せずに楽しめる、買いきりタイプはそんな方々にしたら問答することすら無用なものだと見放されてしまっているのかもしれません。面白いと銘打たれている名作ばかりとなっているので、懐かしく思ったら買って楽しくプレイするのも悪くはありません。