やっぱり見せてくれます、任天堂

ニンテンドー3DSとWiiは外せない

ゲームソフトといえば、PS4などを中心に考える人もいるかと思いますが、恐らく現在の日本では大半がゲームといれば『ニンテンドー3DS』・『Wii』と見るべき意見も考えた方が妥当かもしれません。ただプレイしている年齢層が異なり、PS4などは『20代~30代』までの人々、任天堂が発売しているゲーム機は『10代~40代』の主にファミリー層に愛されている物とみなすべきだ。ゲームソフトにしても、PS関係で表現される、時にグロテスク、時にエロチックと大胆不敵すぎるゲーム内容が繰り広げられている。先に話したヴァルキリードライブが良い例でしょう。もちろんそのような作品ばかりではなく、英雄伝説のような王道作品が発売されることもあるので、誤解を持ってはいけない。

しかしニンテンドー3DSやWiiなどに関しては小学生から中学生までの子供を対象にしたゲームを作り出している。中にはファイターエムブレムシリーズのような20代以上の人々に愛されるような作品が登場することもありますが、楽しみ方は少しばかり異なっているという点を理解しておくと良いかもしれません。

ではそんな任天堂が送り出す、2015年12月最後に発売されるゲームとは何があるのかを紹介していこう。

  1. プロゲーマーになりたい

各ゲーム機、12月発売の最新ソフト

ニンテンドー3DS

マリオ&ルイージRPG ペーパーマリオMIX
往年の名作であり、任天堂を代表するゲームでもあるマリオブラザーズ、その最新作が12月3日に発売された。『マリオ&ルイージRPG ペーパーマリオMIX』、今度のマリオは不思議な本に囚われたピーチ姫たちを助けに弟のルイージと協力するが、そこへ自分そっくりの『ペーパーマリオ』が協力することになる。元々は不思議な本から飛び出してきたマリオと同一の存在だが、紙なのでペラペラだが、その勇敢な心はマリオ本人そのものだった。物語はマリオとルイージ、そしてペーパーマリオのトリオで展開されていきます。
アクションについては非常に分かりやすく構成されており、アクションRPGが苦手な人でも分かりやすくアシストしてくれるモードが搭載されているので、ゲームが苦手な人でも気軽に楽しめます。日本を代表するゲームの最新作、昔懐かしいと感じる人もいるマリオブラザーズシリーズで年末を過ごすのも悪くありません。

Wii U

幻影異聞録#FE
そしてWiiから発売される、12月26日のまさしく暮れ時に発売されるのはペルソナシリーズで有名なATLUSとファイアーエムブレムシリーズのコラボRPG作品『幻影異聞録#FE』が登場する。有名なゲーム制作会社と人気作のコラボとなって、楽しみにしている人もいるでしょう。筆者自身も作品を調べていく内に、これは確かに凄い作品だと色々な視点で感心してしまった。
コラボRPGと言われるだけあって、登場するキャラクターの特徴はATLUSならでは、どこかで見たことがあるような設定・世界観には多くのユーザーが今か今かと発売を心待ちにしていることでしょう。まさしく年の瀬に近い時に発売されるので、リリースされればこぞってプレイする人が増えそうだ。期待の新作ゲームとあって、今年の話題を別の意味で独占すること間違いなしの作品となっています。
  1. ゲーマーからレーサードライバーになった男

来年も熱くなること間違いなし

2015年12月発売のゲームだけでも注目作品は多数ありますが、これもまたほんのいっぺんに過ぎません。来る来年2016年には早く発売されないだろうかと待望の作品は、年明けから目白押しだ。やはり特に注目すべきはFF7リメイクの存在だ。まだ殆どの情報が開示されていないだけに、いつ発売されるのかも定かではないものの、必ず大ヒットするのは明白だ。更に、これまで一切リメイクと新作発表が長年されてこなかった『聖剣伝説-ファイナルファンタジー外伝-』なども詳しい情報公開されるのを待っている人もいる。

いくつになってもゲームから離れることの出来ない人、そんな人達には今は夢にまで見た時代なのかもしれません。いつか来るかもしれない、ゲームの世界が少しずつ現実に技術化されている。今後もゲーム業界からは目が離せそうにない。